興味が持たれる文章の流れとは

bunsyou1

ネットビジネスをやる上でも、人に自分の思っていることを
うまく伝える手段として、文章がうまく書けるということが
重要です。

ここでは、その文章について説明していきます。

bunsyou1

■興味が持たれる文章の流れとは

これはズバリ、「読者の脳の動きに沿った流れ」です。
定形の「絶対に興味を持たれる流れ」というのは当然ありません。

あったら誰でも小説家になれますし、コラムニストになれます。
その都度その都度、テーマによって、
読者の興味がどう動くかを想像しながら、
「次に読みたくなる一文は何か」を考えて書く必要があるのです。

具体的にどういうことか、例をあげて紹介します。

■「象は鼻が長い」

何のこっちゃ、と思った方も多いでしょう。
この「象は鼻が長い」というのは、
言語学の有名なお題なのです。

この一文はよく見ると、主語が2つあるんですね。
つまり「長い」のは「象」なのか、それとも「鼻」なのか、
ということです。

…という有名なお題なのですが、
これをタイトルにした時、読者さんが真っ先に思うことは、
「何のこっちゃ」ですよね。

なので、まずはそこから始めるわけです。
読者が最初にそう思うということは、
その次には、このお題について「簡単な説明」をします。

それも、すぐにわかるようなものでなくてはダメです。
何しろ、これは言語学の世界のテーマですが、
ほとんどの人は、言語学なんて興味がないわけですからね。

(私だって、別に詳しくはありませんが。笑)

という風に、「ああ来たら、こう来る」というような
「読者の興味の動き」というのは、
一定のラインを描くように出来ています。

もちろん、読者さんもいろんな人がいるので、
この「象は鼻が長い」を事前に知っている人は、
また別の興味の動きをするでしょう。

「あのテーマを一体どう紹介するのか?」
というような興味ですね。

そのように、多少の違いはあるのですが、
「大体共通する流れ」というものはあります。
それに合わせて文章を書いていく、
というのが流れを考える上でのコツなのです。

■そのコツはどうつかむのか?

これは「たくさんの文章を読むこと」です。
それもいろんなジャンルの文章がいいですね。

読みまくっているうちに、
「人間が文章を読むときどういう気持ちになるか」
ということがわかります。

たとえていうなら、いろんなホテルで接客を受けまくっているうちに、
ホテルのお客さんの気持ちがわかる、というように。
たくさんの文章の海を泳いでいるうちに、
自然と読者さんの気持ちがわかるようになるのです。

そうして読者さんとシンクロしながら書いた文章は、
常に読者さん視点なので非常に読みやすいです。

もちろん、私もまだそれが完璧にできているわけではありませんし、
そもそもプロでもそれが完璧にできる人は限られています。

(簡単にはできないから、プロの作家さんでも締め切りに追われて
苦しんでいるわけです。笑)

ただ、法則としては「たくさん読んでいるうちに、
徐々にわかってくる」というのは間違いないです。
なので、私は「たくさんいろんな本を読むこと」を
おすすめしています。

ネット初心者でも月額36万円を稼ぐYoutubeセミナーのお知らせ8月21日金

イベントフォースで詳細を見る

ジェームス・スキナー

『生まれた瞬間から私たちは、
死につつあります…』

今日は、私が最近一番心を打たれた
動画を紹介します。

6分程度の動画なので、
絶対に見てください。

http://www.youtube.com/watch?v……A3MlhH-7u0

私は、以前からずーっと考えていました。

生まれて、

生きて、

死んでいくこと、

これに、どんな意味があるのかと。

『私たちは、いつか逝くんですから、
受け入れるしかないんです。』

今回の動画を見れば、
おそらくあなたは何かをせずには
いられなくなると思います。

今年、最後に、
どうしてもあなたに見ておいてほしい動画です。

是非、今すぐ見てください。

http://www.youtube.com/watch?v……A3MlhH-7u0
お勧めの動画はいかがでしたか?

ジェームス・スキナーは、年に数回、
高額セミナーを開催しています。

私は、今年は、タイミングを逃してしまって
参加できなかったんですが、
来年は絶対に参加したいと思っています。

不動産屋の心理術

今日は、不動産屋が使う常套心理術について
お話します。

きっとあなたのビジネスにも役立てるので
チェックしておいてください。

 

 

コントラスト原理をご存知でしょうか?

心理学に出てくる概念です。

どういうことかというと、
例えば重さ1キロの荷物を持った時を
想像してください。

1キロなら、軽いので誰でも簡単に持ち上げることが
出来ると思います。

次に、1キロの荷物を持った後に、
10キロの荷物を持った場合と、

そのまま10キロの荷物を持った場合を想像してください。

恐らくほとんどの方は、1キロの荷物を持った後に
10キロの荷物を持つほうが、いきなり10キロの
荷物を持った時に比べて“重い”と感じるはずです。

次に、冷たい水を想像してください。

そこにあなたの右手を入れてください。

すごく冷たく感じると思います。

そして、同じように冷たい水に手を入れた後、
40度くらいのお風呂のお湯に手を入れた場合と、

いきなり40度のお湯に手おいれた場合を想像して
比べてみてください。

恐らくこの場合も、最初に冷たい水に手を入れた後に
温かいお湯に手を入れた方が、同じ40度のお湯が
熱く感じると思います。

はい、そうです、これがコントラストの原理です。

最初に得た感覚やイメージがベースとなり、
それが次に感じることに影響を与えるという訳ですね。

この原理をうまく使っているのが、
不動産屋の営業マンです。

あなたも経験があるかもしれませんが、
不動産屋の営業マンは、彼が決めてもらいたいと思う
物件を必ず2番目以降に出してきます。

最初に見せる物件は、必ず、狭くて高い物件です。

これを見たお客さんは、現実にがっかりするのですが、
次に用意されている物件を見て目を輝かせます。

なぜなら、不動産屋の営業マンが次に見せる物件は、
最初に見せた物件より広くてきれいで安い物件だからです。

コントラストの原理をうまく利用して、
不動産屋の営業マンは、顧客を取っていくわけですね。

これは、なにも不動産屋の営業マンに限ったことではありません。

私たちのように情報商材を販売している人も、
最初に高い値段を見せておいて、次に、安い値段を言い、
安く感じさせて販売したりしますし、
あらゆる販売の過程でこの原理は活用されています。

私は、以前、商社で営業をしていましたので、
交渉事には必ず無理な要求を先に述べて、
本当に受け入れてもらいたい要求はその後に出していました。

このように、コントラストの原理は
さまざまなところで活用が可能です。

あなたも体験上分っていることだと思いますが、
もう一度、自分のビジネスやコミュニケーションで
使えるところはないかチェックしてみると
いいのではないかと思います。

心理学の話は面白いですか?

ではまたメールします!

文章で円滑にコミュニケーションをとる方法

髪の毛が伸びてきたのでそろそろ
散発にいこうかなあと思っている中山です。

それでは、昨日までの3日間お伝えしてきた
隠された3つのタイプの総まとめに入ります。

昨日までの記事はコチラ

その1
⇒  その1

その2
⇒  その2

その3
⇒  その3

■VAKをネットビジネスでどう活かすか?

昨日までにお伝えしてきた VAKの活用法 を
どのようにあなたのネットビジネスに役立てるかを
お話します。

まず、ネットビジネスにおいて必須なスキルは
なんだと思います?

これがなくては何もはじまらないスキル。

当然、ライティングスキル、書くスキルですよね。

ネットビジネスでは、人と文章を通じてコミュニケーションを
計ります。

書くということは、絶対に避けては通れないところです。

で、その書くという行為の中で、いかにして、
読んでる人に共感を持ってもらえるか、
さらには信頼してもらえるか、
が非常に重要だと思うんですが、

実は、それをしてしまえる一つの方法が、
今まで、お話してきた VAK を活用することなんです。

よろしいでしょうか?

VAK にはそれぞれ特徴があると言いました。

こんな感じでしたね!

V(視覚優位)・・・映像に関連した言葉
A(聴覚優位)・・・音に関連した言葉
K(体感覚優位)・・・体の感覚の関連した言葉

それプラス、ラポール、つまり、自分と似ている人に
対して人は安心感を抱き、それが故に信頼関係も
築きやすいとという話もしました。

ここで、私があなたにお伝えしたいテクニックは、
VAK と ラポール を活用して、読み手との信頼関係を
構築しようというものです。

但し、ここで一つ問題があります。

何かというと、ネットビジネスではある特定の
決まった人に語りかけるのではなく、
多くの不特定多数の人に語りかけることが多いため、
読み手が、VAK のどのタイプを主体にしているのかが分かりません。

そんなネットビジネスでは、VAK のすべてを
文章の中にちりばめることによって、不特定多数の
人のこころにヒットさせることができます。

私もそうですし、あなたも、VAK の内のどれか一つが
主体となっているため、文章を書くとどれかの感覚に
偏ってしまう傾向があります。

ですので、VAK を満遍なくちりばめることは、
ある程度必要なことなのです。

少し難しいと思います。

私も訓練中です。

しかし、これを使いこなすことができるようになれば、
相手との信頼関係の構築に役立ってきます。

ですので、是非、少しだけ意識してやってみてください。

例えばこうです。

ある商品を紹介したいとき、

「この商品は、多くの人から『体が軽くなって(K)、
まるで霧が晴れた(V)ように、気分がすっきり(K)した』
という報告(A)を頂いています。」

というようにVAKをまんべんなく散りばめることで、
すべてのタイプに人にヒットさせることができます。

少なくとも、この3つの感覚の内のどれかが、
人の無意識のなかで主体となって働いていることを
知っているだけでも、なにかしらのメリットはあると思います。

それでは、ようやく終われそうです。

うまくお伝えできなかったかもしれませんが、
最後までお読みくださりありがとうございました。

もし、質問や感想等があれば送ってくださいね!
結構うれしいですので。
⇒ karapattar@gmail.com

■編集後記

なんか、VAK でこんなに話が長くなってしまうとは・・・

ところで気になる異性とうまくやっていけそうですか?

ラブレター出したらいいでしょうねー

もう、完璧でしょ?

これは、相手とうまくコミュニケーションを
とる方法です。

いろんな場面で、少し意識すると
いいと思います。

それでは、また明日、チャオ!

感想、意見、相談、愚痴、なんでも
受け付けています(笑)

インターネットに簡単なブログを設置し時給12万円稼ぐ男、中山

皆さんにお伝えしたいことがあります。
2つあります。

一つ目は、
また放置ブログで勝手に銀行に振り込まれてました。
69,800円。

やっぱりペイパル決済は便利ですね、
自動的に承認して商品も渡せるし。
いわばネット上に自動販売機を設置しているような感覚です。

2つ目。
私のブログを新しく治し、

小玉歩さんのセミナーでも
「ブログはポータル化したほうがいい!」と
言っていたのを筆頭に中々変えらませんでしたが、
今日ようやく導入して最適化しました。
結構見やすくしたのでぜひともよろしくお願いします。
IMG_0080

IMG_0082

画像検索しても二度も同じ画像は出ないことは分かります。
つまり、本物。

本物の稼ぐ人間になりたい方はこちら
→ 本物になる!

人間にはステージがある。

最近他業界のトップの人と出会い、
ビジネスの話をして感じたことは

本当に人間には”ステージ”ってものがある!と。

メンターに教えてもらったんだけど
自分のステージには同じステージに近い人に
出会うようになっているので

今日話した人の所の業界の知識は全くなかったけど
今日一日の少ない話し合いでその業界では
何が起こっていて、何をやれば稼げるのか?
っていうすべての事がわかるわけで

本当に「人」っていうのはスゴイし、

その「人」を引き寄せているのは自分自身だから
自分っていうのはもっとスゴイ。

と僕は思うわけです。

今、目の前に感謝出来る人、したい人がいるってのは
自分のおかげでもあるんだと思う。

ってことはその人に感謝をする以上に
自分に感謝をするべきだよねー笑

ちょっと語りたい事ありまくりなので
メルマガで語っていこう!

本日の一言:『本能の逆を行け』

t02200220_0300030012520612559

本日も一言。

『本能の逆を行け』

99%の人間は全く同じことをしています。

何故なら本能に洗脳されているからです。

安定した生活を求め、
食べたい物を食べて
欲しいものを買って

自分の為にすべてが回っている

これが99%の人間です。

そして1%のいわゆる成功者は
「本能」の逆を常に行きます。

例えば、「安定」ではなく「リスク」を求めたりと
普段人がやらないような本能を洗脳しているんです。

本能を知っているからこそ、自分を制御できます。

僕はこれで起業家として成功しましたし
ダイエットも2ヶ月で10キロ痩せました。

すべては「本能」を僕が操ったからです。