YouTube集客におけるキーワード戦略

どうも、こんにちは。
ヒカルです。

今回はYouTube集客において重要なキーワード戦略についてです。

ネットでの集客で避けて通れないのがこのキーワード戦略です。

目次

  1. キーワード戦略の重要性
  2. キーワードの活用方法

キーワード戦略の重要性

自分のサイトを見つけるときに使うキーワードが何なのかによって、
反応というのは180度変わってきますし、広告においても重要です。

キーワードがサイトと何の関係もなければ、アクセスされたとしても
すぐに立ち去ってしまうでしょうし、検索エンジン対策やクリック課金での
広告なども全て無駄になってしまいます。

ネット集客において重要なのは、テクニックではなく、キーワード選定力です。
質の高いサイトでもキーワード選定力がなければ、上位表示されません。
(もちろん、質の高い記事であるというのは大前提です)

ネットで検索する人というのは、そのときの思考や感情でキーワードを入力するので、どのようなキーワードでアクセスされたときに興味を持ってもらえるかが重要です。

例えば、私のサイトだと、ネットビジネスに関係したキーワードで上位表示されれば、アクセスしてくれた人はメルマガに登録してくれるでしょうし、反応をもらえます。

しかし、全く関係のない芸能人の名前で上位表示されたとしても、
アクセスは大量にきますが、サイトに興味を持ってもらえません。
そうなってしまうと、直帰率が高まりサイトの評価も悪くなるので、
そういったキーワードで上位表示されても意味がないんです。

ただし、これは検索エンジンでの集客の場合です。
YouTubeの集客の場合は違ってきます。

ビジネスとは全く関係のない動画で仮に上位表示されたとしても、
その動画を見て、私に興味を持ってくれる方というのは結構います。

実際、私のカラオケ動画をきっかけにメルマガ登録してくれた人もいますし、
そこから商品を購入してくれたりする人もいました。

なので、YouTube集客におけるキーワード戦略は検索エンジンみたいに、
そこまで考えすぎる必要はありません。

基本的に、動画の内容と関係があって、
それに応じたキーワードであればいいんです。

ただし、輪郭がぼやけたようなキーワードはダメです。
具体的なキーワードをつけていく必要があります。
カラオケ動画の場合だと、曲名と歌手の名前は絶対です。

キーワードの付け方次第で上位表示されるかどうかが決まるので、
ある程度アクセスを狙えるようなキーワードを入れましょう。

どんなキーワードがよく検索されているのかを調べた上で、
動画を撮影して、それをアップロードするなんてのもいいと思います。
実際、私はそういった動画をアップロードしたこともあります。

絶対にアクセスがくるだろうネタで動画を配信するわけなので、
よほどのミスがなければ、アクセスは爆発的に来ます。
動画が面白くなければそこまで再生回数は伸びませんが、
面白ければ、コメントも殺到しますし、評価もたくさんつきます。

ただし、こういったトレンド動画は一時的な集客にはなりますが、
長期的なアクセスになりにくいです。

やはり、長期的な集客装置としてYouTubeを活用したいなら、
地道に質の高い動画をアップしていくしかないです。
質の高い動画というのは、毎日一定数再生されるような動画ですね。

そういった動画の絶対数を増やしていく事で、
集客できる人数は少しずつですが、増えていきます。

人気チャンネルになれば、放っておいてもチャンネル登録者が増え、
動画の再生回数も勝手に増えるようになっていきますが、
いきなりは無理なので、地道に動画をアップロードしていくしかないです。

実際、チャンネル登録者なんて私も最初の頃なんて全く増えませんでしたし、
動画の再生回数も思ったように増えてくれませんでした。
それでも、継続して動画を配信してたら、100人、1000人と増えました。

YouTubeは一度人気チャンネルになってしまえば、一気に有名になるので、
その途端、チェンネル登録者も大幅に増えますし、再生回数も増えだします。
なので、それまで継続して配信できるかがポイントになってきます。

出来るだけ早く、人気チャンネルにしたいと思うかもしれないですが、
1ヶ月、2ヶ月程度頑張ったところでまず不可能です。

よほど面白くて口コミが広がるような動画でないかぎり、
短期間で結果を出すのは難しいのがYouTube集客です。

長期的に見てやっていかないと、継続するのも難しいので、
慌てずにじっくり戦略を練って、動画を配信していきましょう。
そして、1つ1つの動画を資産だと捉えて、キーワードも考えてください。

適当なキーワードを付けてしまうと、それだけで損になってしまうので、
Googleが提供しているキーワードプランナーというツールを使ったり、
広告や雑誌などから今人気のキーワードをチェックしておいたりと、
キーワードをいくつかリストアップしておきましょう。

そういった事を意識してやっていくうちに、どんなキーワードがいいのか、
自然と身に付いていきますし、キーワード選定力も向上していきます。

キーワードの活用方法

では、これからキーワードをどのように活用していくのか?
について説明していきます。

まず、YouTube動画のタイトルは、最大全角で31文字の題名をつけれます。
で、このタイトルにキーワードを入れればいいんです。

検索エンジンはタイトルに使われているキーワードを重要視しています。
なので、動画のタイトルにキーワードが含まれていなければ、
検索エンジンに上位表示されることはないというわけです。

例えば、「髪型セット動画」と検索してもらうと、
私が投稿した再生時間8分くらいの動画が3番目に表示されます。
これは動画のタイトルに「髪型セット動画」という言葉が入っているからです。

このように、YouTubeの動画のタイトルに自分が上位表示させたいキーワードを
明確に設定することによって上位表示させることができます。

ただし、競合が多いキーワードの場合は再生されている時間の長いものや、
再生回数の多いような動画が優先的に上位に表示されるようになっています。

しかし、競合の少ないキーワードであれば、すんなり上位表示されます。
私はコンテンツとして優れた動画を配信して、狙ったキーワードで
上位表示させることができるようになれれば1番良いと思っています。

穴場のキーワードばかり狙っていても、集客出来る人数は限られているので、
やはり競合が多くても上位表示されるような動画を作っていく必要があります。

クオリティの高い動画を配信できるようになるということは、
自分の能力が向上しているということです。

これからどんどんYouTubeへの参入者は増えるでしょうし、
それに応じて優れた動画マーケッターも増えます。

その中で生き残っていく為には、進化し続けなければいけないし、
視聴者に楽しんでもらえるような動画を配信していく必要があります。

つまり、キーワード戦略も大事ですが、それだけではダメだということです。
自分を成長させて、コンテンツを創る力を伸ばしていかないといけないのです。

現状に甘んじることなく、どうすれば良くなるのかを常に考えましょう。

というわけでYouTube集客におけるキーワード戦略についてでした。

YouTube集客で結果を出すための具体的な戦略について

どうも、こんにちは。
中山です。

今回はYouTube集客で結果を出すための具体的な戦略についてです。

戦略があるのと、ないのとでは結果が180度違ってきたりもするので、
YouTubeでの集客で上手くいっていない方は是非みておいてください。

戦略を全く考えずに、行き当たりばったりで成功するなんてのは、
ほんの一握りの天才でもないかぎり不可能に近いです。
なので、どうすれば上手くいくのか常に考えるクセをつけましょう。

戦略を練るだけでも、勝率というのは大きく変わりますし、
それだけでもただ単に作業している人よりかは遥かにましです。

目次

動画チャンネルのコンセプト
配信する動画の内容
動画のキーワード
1.動画チャンネルのコンセプト

YouTubeの集客において真っ先に決める必要があるのが、このコンセプトです。
YouTubeという媒体を通して、あなたは一人のタレントとして自分をプロデュースしていかなければいけません。
テレビで活躍している芸能人は、それを徹底しているのです。

なので、しっかりと自分というキャラクターを分析して、何が強みなのかを考え、それを基にコンセプトを構築し、自分のチャンネルを作り上げなければなりません。

例えば、私の場合だとビジネスに対する熱いトーク、若さが強みです。
そこに金髪起業家というキャッチーなフレーズを組み合わせて、
この人は一体どんな人なんだろう?と興味を持たせているわけです。

少しでも興味を持った方は、動画を見てくれるでしょうし、
あとはその動画の内容しだいでファンになってくれるのです。
コンセプトが決まっているチャンネルは、どんな動画を配信しているのかが、
明確になっているため、ファンも付きやすいです。

しかし、コンセプトが定まっていないと、大量に動画をアップロードしても、
どんな動画か分かりにくいので、ファンも付きにくくなってしまいます。
ただ動画を配信すれば集客できるわえではないので。

お金を稼ぐためにYouTubeで集客していくわけなので、
まずどんな立場で、どのようなキャラクターでやっていくのかを
きちんと考えてやっていくようにしましょう。

2.配信する動画の内容

動画チャンネルのコンセプトが決まったら、そのコンセプトに基づいて、
どのような動画を配信していくのかを決めていきましょう。

私の場合は、ビジネスをテーマにしているので、ビジネス関係の話が中心です。
他にもプライベートな動画や、カラオケ動画を配信しています。
これはビジネスだけの動画だと、集客の入り口が狭くなってしまうからです。

集客の入り口はできるだけ広くしておくに越した事はないので、
色んな人を呼び込める動画を配信していくといいと思います。
歌が上手いならカラオケはおすすめですし、何か特技があるなら
それを披露してもいいと思います。

動画の内容は、色々試してみた方がいいですし、それで反応の良かったものを
どんどん取り入れていき、コンテンツにしていけばいいです。
実際、ヒカルのオールナイトニッポンはやってみて反応が良かったので、
現在も続けていますし、心理学動画なども反応はものすごくいいです。

ただし、心理学動画などは新規の集客装置としていうよりかは、
既存のファンを濃くしたりするような動画となっています。

最初のうちは、新規の人を集めるような内容の動画を撮りましょう。
それである程度、自動で集客できるようになってきたら、ファンを濃くする
ような内容の動画を配信したりしていくのがオススメです。

このように動画の内容は非常に重要になってきます。
内容が面白くなければファンも増えませんし、集客になんてならないからです。
動画1つ1つが資産となるので、絶対に手は抜かずに作品だと思って丁寧に作りましょう。

3.動画のキーワード

このキーワードも非常に重要になってきます。

アクセスした人が、自分の動画をどんなキーワードで見つけてくれるのか?
どんなジャンルのキーワードを狙っていくのか、それを考えてください。

例えば、FXだとか投資だとかで検索する人は一定数いますし、
それで上位表示されてる動画などは確実に集客装置として機能しますよね。

私の動画にも、いくつか上位表示されている動画があるので、
そこから毎日アクセスは来ていますし、そういう動画をいくつ作れるかで、
1日の集客人数というのは大きく変わってきます。

というわけで今回はYouTubeの集客における具体的な戦略についてでした。

べつにYouTube集客は始めるためにお金がかかるというわけでないし、
必要なもので言えば、パソコンとビデオカメラさえあればOKです。

仮にビデオカメラがなくても、スマートフォンがあればそれでも大丈夫です。
パソコンのスキルなんてのも必要ないので、すぐに始めることが出来ます。

つまり、YouTube集客はコストやスキルに関係なく、誰でも実践出来るのです。

しかし、YouTubeでの集客に力を入れている人はほとんどいません。
頭ではすごく魅力的な集客方法だと理解していても、実際いざ動画を
配信して、集客していこうとなると、行動出来ない人がほとんどなのです。

世界に自分という人間を発信していくわけなので、
それを恥ずかしいと思っているのかもしれません。

でも、それを乗り越えることが出来て、YouTubeで人気者になれれば、
集客に困る事なんてなくなりますし、大きな財産を手に入れることも出来ます。
また、テレビなどのメディアに進出することもできるかもしれません。

YouTubeはこれからどんどん参入者が増えるでしょうし、
面白い動画投稿者も増えてくるはずです。

実際、最近になって「学校へ行こう!」というみのもんたとV6がやっていた、
人気番組の人気コーナーのひとつだった「B-RAP HIGH SCHOOL」の
軟式globeのパーク・マンサーがYouTubeで2代目ボーカルを募集したり、
他にも日本史や世界史のラップをしていたCo慶応が動画を投稿したりしています。

たぶんこれからどんどん、過去に面白かった人が出てきたり、
YouTubeから歌手デビューする人なんかが増えてきます。

だからこそ、今のうちに参入して先行者利益を手にするべきなんです。
ビジネスにおいて、重要なのは即座に行動することです。

多くの人は、頭で考えてばかり、悩んでばかりで行動しません。
だから稼げない。

なので、まずは一歩踏み出してみてください。
何も分からないビジネス素人なら、私のメルマガを読んでください。

それだけでも、ビジネスに対する考え方はガラッと変わるはずです。
無料で購読することが出来ますが、有料のものだと思って読んでください。
その方が頭にスッと入ってくるはずなので。