反論その2

また藤井氏は示談を行った後でこう言ったアカウントを作成し

実名を公開し迷惑行為をした実績もあります。

虚偽の内容を流布され大変迷惑を被っております。

そして私がツイッターやサイトで同じことをすると

このようなふざけた内容を自身のGoogle マップに書き込むあたり

精神年齢が幼い印象を受けます。

プライバシー侵害、事実と異なる内容の部分ですが

プライバシーはあなたがネット上で公開されている情報で、

こちら側は全て事実しか言っておりません。

なんなら証拠の画像を全てネット上に公開しても問題ないくらいです。

業務妨害の部分ですがこちらもそちらの会社名を出していないため業務妨害に当たる部分も一切ありません。

同業者様への業務妨害の件ですが、ただTwitterの性質上、気になったから他のアカウントをフォローしただけです。

そちらの被害妄想です。

何度も言うように言い訳を一切しない謝罪、正式な示談をするまでこちらは意見を曲げるつもりはありません。

警察にも報告してもいいですし、被害届も取り下げなくて結構です。

こちらも同じ対応をいたします。

僕の反論をいいます。

このサイトを見ている藤井氏に反論があります。

まず一つに。ブログ作成詐欺とおっしゃいましたが

あの時見せたブログはまだ未完成で5%にもみたない完成度でした。

その肉付け途中のブログを見て詐欺だ、納得いかないというのはこちらとしても憤りを感じます。

あなたの言っていることは作り始めて1週間も経っていない鉄骨で骨組みしかされてない家を見て

「これでは納得いかない!返金しろ!」と言っているようなものです。

こちらもあなたの恐喝、恫喝行為のせいで

務めていた会社を自社都合で退社、病院にもいかないといけなくなるぐらいに

精神的におかしくなりましたし、この度弁護士を雇ったりするなどして

経費がかさむわけです。

あなたも被害者かもしれませんが私も被害者な訳です。

それなのに一方的に被害総額が云々など言われるのは心外です。

こちらは善意の気持ちでそちらの会社用のサイトを作ろうとしてあげたのに

それはあまりにも横柄すぎるのではありませんか?

言い訳を一切しない謝罪、正式な示談をするまでこちらは意見を曲げるつもりはありません。

警察にも報告してもいいですし、被害届も取り下げなくて結構です。

こちらも同じ対応をいたします。

警告 この度藤井氏に脅迫罪及強要罪の罪で被害届を提出しました。

藤井氏が被害者の方に対して

恫喝、弁護士を介さずに違法な示談を強要し、その後再三にわたりメールでも脅迫や強要を繰り返したため

これら一連の事件として警察署に被害届を提出するそうです。

Twitter上での実名公開、また特定の個人の誹謗中傷、

恫喝、何度もメールで脅迫や強要をしたことから、

これらの罪状を被害届に提出します。

以下、被害者の文章

ネットでの異常とも取れる行為があまりにも常軌を逸しており、違法性もあると判断し、弁護士の先生に相談いたしました。

その結果、今後もこういった行為が続くようであれば

北海道豊平警察署に脅迫罪、強要罪、虚偽告訴罪として告訴状を提出することにいたしました。

過去の通信記録・メール・音声テープの内容はすべて証拠として提出してあります。併せて損害賠償・慰謝料の請求も検討しております。

藤井剛生被害者の会

藤井剛生,なまらシーサー、と称する人物から被害者を守る会です。

ストーカー被害、誹謗中傷、脅迫、名誉毀損、プライバシーに関わる被害にあった方々の

ネットワークや被害届を出す方法などをサポート致します。被害にあわれた方の被害報告、

フォローや連絡をお待ちしております。