ブログ

ブログではとてもじゃないけど言えない、 最新情報をリアルタイム配信してます。 お友だちになってますか? すでに、1,400人以上がお友だちになっていて、 人気急上昇中です! お気軽に申請してくださいね^_^ 友だち追加

MacBook Pro Retinaディスプレイモデル15インチを使ってみた感想

FigA

こんにちは、中山です。

今回は私がつい最近購入したMacBookProの最新のモデルである、Retinaディスプレイモデル15インチを使ってみての感想になります。

まず、最初にMacBook Pro Retinaディスプレイモデルの開封動画を撮ったので、Macに少しでも興味がある方は見てください。

観てもらった方は分かると思うんですが、
最初は買う気なんてこれっぽっちもありませんでした。

ですが、ディスプレイのあまりの綺麗さに惹かれてしまい、
一瞬で購入を決意したというわけです。

で、Retinaディスプレイを使っての感想なんですが、
やはり値段が値段なだけに、スペックが高く、非常に使いやすいです。

13インチモデルでも十分快適だったんですが、
Retinaディスプレイモデルはそれ以上に快適です。

読み込み時間やロード時間が圧倒的に早いですし、
動画のアップロード時間もめちゃくちゃ短縮されていて、
非常に効率よく作業することができるようになりました。

私の場合、YouTubeに動画をたくさんアップロードしているので、
アップロード時間が短縮できるだけでも撮れる本数が増えますし、
作業効率としても格段に上がります。

正直これだけでも十分価値はあったなと思います。

そして、私が一番驚いたのは画面の綺麗さですね。
めちゃくちゃ鮮やかで綺麗になっていて、
文字も画像も動画もどれもくっきり見えます。

これは13インチから15インチになったというのも
あるかもしれませんが、鮮明度が明らかに違います。

なのでメルマガ書くときや記事を書くとき、
打った文字が綺麗なのでなんか気分いいんですよね。

13インチモデルとRetinaモデルのディスプレイ画面を
並べて見比べてみましたが、本当に全然違いましたし、
Retinaディスプレイモデルを使ってしまったら、
もう他のディスプレイに戻れなくなるのではと思います。

それくらいにRetinaと普通のだと大きな差があります。

これは一度お店とかで見てもらえば分かるんで、
また電化製品のお店にいったときにでも見てください。
私が即座に購入を決断した気持ちが分かってもらえるはずです。

ただし、いくつか気になった点もあります。

それはRetinaにはDVDドライブがついていないことです。
13インチ、15インチモデルには付いています。

Retinaディスプレイモデルは徹底的に薄さを追求して作られているので、
DVDドライブをあえてつけなかったみたいです。

確かに13インチのProと比べてみると、だいぶ薄くなってますし、
見た目的にもスタイリッシュな感じになっています。
結構薄くなっているので、その分重さも軽くなっています。

Proと比べれば持ち運びもしやすくなっていますが、
やはり少し重いので、持ち運び安さを求めるならAirにしましょう。

もしDVDとかCDを取り込んだりしたいのであれば、
Retinaディスプレイモデルはやめておきましょう。
そういう場合は、普通のProがおすすめです。

あとRetinaにはLANケーブルの差し込み口がありません。
ただ、これはwi-Fiを使うのであれば特に問題ないかと。

どうしてもLANケーブルでネット接続したい場合は、
USBタブとLANケーブルをつなぐ商品があるので、
それを購入すれば大丈夫です。

商品名は「Apple Thunderbolt-ギガビットEthernetアダプタ」
で値段は3080円です。

これを使うことで通信速度も通常時よりも快適になるので、
普通のMacBook Proでも使えます。

今のところ使っていて気になった点はこれくらいですね。
個人的には、非常に満足しています。

ただし値段がRetinaは旧型と比べて10万円くらい違うので、
普通にMacが欲しいって方には旧型のProかAirがいいかと。

動画編集やゲームなどをがっつりするのであれば、
Airではなく、Proにしましょう。
AirだとProに比べて容量やパワーが小さいので。
普通にネットを使う程度ならAirで十分と思います。

お金に余裕があって、スペックの高いMacが欲しい方なら、
Retinaディスプレイモデルは本当におすすめです。
高級感もありますし、あらゆる点において最高峰なので。

あとMacには動画編集ソフトのiMovieも付いてくるので、
動画を使ってビジネスしている方は検討してみてください。

無料のソフトとは思えないくらいに使えます。
有料の動画編集ソフトよりも簡単に編集できますし、
動画編集したことがない方なんかでも十分使えます。

ただ、最新verのiMovieは旧verと比べて使いにくいので、
旧verのiMovieを使うようにしましょう。

私も最新verを何度か使ってみたんですが、
旧型と比べるとアップロードも遅いですし、
作業効率が落ちたのでやめました。

インターフェース自体が全く違うので、
旧verとは別物と思って使った方がいいです。

右上のSpotlightに「imovie」と入れてもらえれば、
黄色の★マークの「imovie9.0.9」が出てくるはずなので
それをダウンロードすれば、使えるようになります。

iMovieについてもっと詳しく知りたいって方はこちら

というわけでMacBookProRetinaディスプレイモデルについてでした。

こういった仕事に使うものにお金を投資すると、
それだけで一気に作業効率が上がるのでおすすめです。

特にネットビジネスをされている方にとって、
パソコンはずっと使っていくものなので、
できるだけ快適な操作ができるものにしましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は月収にして大学生の頃から500万円を稼いでいます。
ですが、
月収500万を稼いでいますというと、
超絶怪しいですよね。
お前には才能があったんだろ?とも言われます。
僕はもともとビジネスが得意だったわけでもなければ、
しゃべるのが得意だったわけでも、
ましてや文章を書くのが得意だったわけでもありません。

そんな僕でも自信を得ることができて、
月収500万円まで稼げるようになりました。
プライベートにもとても良い影響をもたらしてます。
結局慣れなんですよね。

どんな人でも稼げるし

学んでいけば誰でも自信を得て稼ぐこともできる
僕ヒカルが慣れて、そして月収500万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

月収500万になれた僕ヒカルの行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、大学生月収500万物語の続きを読む】



>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<

コメントを残す