ブログ

ブログではとてもじゃないけど言えない、 最新情報をリアルタイム配信してます。 お友だちになってますか? すでに、1,400人以上がお友だちになっていて、 人気急上昇中です! お気軽に申請してくださいね^_^ 友だち追加

冬のボーナスに期待

今日の朝は、いつもと変わらず朝ドラを見ていたのですが、相変わらずの面白さでした。

今の朝ドラは安定してますよね。で、そのすぐ後に「スッキリ!!」がしてたので、ちょっとだけ見ていたら、「サラリーマンのボーナスが今年になって増えた!?」という面白そうなテーマだったので、引き続き見てみることにしました。

なんでも、今年は、
夏のボーナスが「上がった」と感じる人が4割近くいるみたいです。
他は確か、「変わらない」が5割くらいで、
「下がった」と感じる人が1割以下だったと思います。

街頭アンケートでも、
「増えた」「上がった」という回答が多く、
昨年よりは多い傾向にあるようです。

それで、増えたと答えたサラリーマンに、
「そのボーナスどういう風に使いますか?」
という質問をしていたのですが、
年代別に答えが分かれてて面白かったです。

まず、10代20代は、
自分の趣味や娯楽、旅行に使う人がほとんどでした。

次に、30代40代ですが、
こちらは、結婚してる人や誰かを養っている人が多く、
「ローン返済」という答えが多かったです。

やはり、まだ若いうちは、
危機感も少ないですし、抱えてるモノも少ないので、
パーッと使う傾向にあって、
30代を超えると、現実問題そうもいかない・・・
といった感じが見受けられました。

若いうちに遊び過ぎると、
それのツケがどんどん年をとるにつれ回ってくる。

これが、今のサラリーマン事情なのかもしれません。

実際、私も工場で働いていたときに、
夏のボーナスを貰ったことがありますが、
普通に遊びに使っちゃいました。

はじめてのボーナスなんて、
みんな、そんなもんだと思います。

だって、危機感なんてなかったし、
「まだ俺は若いからまだまだ時間あるし、何とかなるだろう」
と変にタカをくくってたからです。

でも、あのまま過ごしてたら、
10年後、同じように「ローン返済」って答えてたに違いありません。

幸いにも、私はその後、
世の中の仕組みであったり、ビジネスの事を、
知ることができたので、
そこそこの成功を収めることになりましたが、
もし、知ることがなかったら・・・
って考えると、ゾッとします。

そして、このテーマの最後に、
サラリーマンの方とアナウンサーの方が、発した言葉を聞いて、
改めて、思いました。

「あー、サラリーマンは危険だ・・・」
って。

どんな言葉だったのか?
というと、
「冬のボーナスに期待」
これです。

私は、これを聞いて、
「これが世間一般の常識なのか・・・」
と少し驚きました。

何の疑いもなく、普通にこの言葉を発したのです。

私からすれば、
本当に考えられないし、異常だと思ってしまいますが、
ほとんどの人からすれば、
極々普通の、よくある会話の一部なのだと思います。

「冬のボーナスに期待」

あなたはおかしいと思わないでしょうか?

おかしい、
この感性が世間では「おかしい」のでしょうが、
それでも、あえて言いましょう。

おかしいです、やっぱり。

どこに期待してるんですか?
って話ですよ。

小学生の徒競走で、
一緒に走る子が途中で転ぶことを期待することと、
何1つ変わらないと思います。

期待するのは、
何か誰かではなく、自分でしょう。

「冬のボーナスに期待」
これって、
完全な他者依存の言葉だと思います。

自分は何もせずに、
周りが何とかしてくれるのを待ってるわけですから、
個人的には、とても危なくて、
リスキーな考え方としか思えないです。

他人に期待するのは危険、
会社に期待するのは危険、
この考えを持つべきだと思います。

どうせ、助けてくれません。

人間可愛いのは、結局自分なので、
追いつめられれば、
自分か自分の本当に大切な人しか助けません。

追いつめられた人間はボランティアなどしないのです。

稀に、する人がいますが、
会社を経営している以上は、少なからず野心家なので、
可能性は限りなくゼロだと思います。

会社に期待してても意味がないです。

そんなことするくらいなら、
自分の力でもっと会社の売り上げを伸ばそう!とか、
ここを俺の力でこうすればもっとよくなるかもしれない!とか、
自分に期待した方が良いと思います。

私は他者依存が絶対悪だとは思いませんし、
賢い人間からすれば、
他者依存してくれる人の方が飼い殺しやすくて楽ですが、

飼い殺されたいですか?

絶対嫌ですよね。
私はそんな人生無理です。

知らず知らずのうちに、
よく分からない常識に当てはめられて、
他者依存心を強くさせられる場合もありますが、
今、このメールを見てるあなたは、
少なくとも知ることができたはずです。

他者依存するということは、
賢い人間に良いように転がされてるのと、
何ら変わらない、ってことが。

自分に期待しましょうね。

誰か何かに期待してる人生なんて、
誰か何かの人生でしかないですから。

今日は、「飼い殺す」という、
ちょっと過激な言葉を使いましたが、
何かしら伝わったと思います。

別に、私が言ってることが全てではないので、
正しいと思うとこだけ取り入れてください。

まあ、全部自分で決めればOKです。

今日も感想等お待ちしています。
では。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は月収にして大学生の頃から500万円を稼いでいます。
ですが、
月収500万を稼いでいますというと、
超絶怪しいですよね。
お前には才能があったんだろ?とも言われます。
僕はもともとビジネスが得意だったわけでもなければ、
しゃべるのが得意だったわけでも、
ましてや文章を書くのが得意だったわけでもありません。

そんな僕でも自信を得ることができて、
月収500万円まで稼げるようになりました。
プライベートにもとても良い影響をもたらしてます。
結局慣れなんですよね。

どんな人でも稼げるし

学んでいけば誰でも自信を得て稼ぐこともできる
僕ヒカルが慣れて、そして月収500万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

月収500万になれた僕ヒカルの行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、大学生月収500万物語の続きを読む】



>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<

コメントを残す