サイコパス中山のクレイジーなプロフィール

初めまして、このブログの管理人の
クレイジー中山と申します。

私はもともと地味な人間でした。
会社にいても大した結果は出せず
社内でも特に地味なグループの地味な地位に立ってました。

学生時代も地味な性格で彼女一人もできない人間で、
女の子に話しかけられるとドキマギしちゃうお茶目な学生でした。

そんな僕は学生時代に哲学に出会いました。
哲学というものは僕の中でシェアを9割以上取っていくものとなりました。

そして哲学は、クレイジー中山を誕生させるものにへと進化していきました。

クレイジー中山こと僕はそれを”サイコパス”と呼んでいます。

私がここでいうサイコパスは一般に使われているものとは違います。
ましてやアニメなどの話ではありません。

そこで、ウィキペディアから引用してみます。

”サイコパス(精神病質)とは、反社会的人格の一種を意味する心理学用語”

また僕はサイコパスは2種類いるものと仮定しています。

1つ目は先天的なサイコパス。

これは多くのサイコパスに当てはまると思っています。
天才的な思考回路、犯罪者を彷彿とする精巧さ、能力、非道徳さ、

そして2つ目が後天的なサイコパス、これが僕が当てはまるケースです。

こっちはどっちかというと希少で、普通の人間が先天的な方を
頑張って取り入れて作った、いわゆる努力型のサイコパスと僕は言っています。

そして皆さんが考えがちなのが
”サイコパスは反社会的で社会のお荷物”と取られることです。

それはもっともな正論ですが、僕はこう考えています。

「サイコパスは、逆に言えば一つの物事に誠実で、その状況のためなら手段を選ばない」
ということです。
もちろん犯罪なんてしてはいけませんよ!
でも夢があるのであればそれに向かって努力を進めることができる、というのは
非常に関心があると思うべきです。
ですが一般の方はあまりこれを快くは思いません。

ですが僕の周りには先天的なサイコパスがかなり多いです。
起業家だったり、会社経営者、他にも様々な職種の方がいます。
また男女関係なくサイコパスの比率は変わらないのも特徴です。

そして、全員性格が良い方ばかりです。
全員自分のことを普通と思ってないのですが笑
飲みの席になるとその人の考えや物事、大切にしているものなどがすぐに言えるところがあります。
普通の人間は自分のビジョンがどうなってるか、ハキハキと言えないでしょうね。
また、言っても馬鹿にされると思って行ってないだけだと思いますが。

サイコパスの人間はそれに全く物怖じしないところが非常に尊敬できる点だと思います。

このブログでは僕が関わってきたサイコパスな人間のご紹介や、
彼らから学んだ情報をお話しします。

またそんなサイコパスな人間から教わって稼ぎの収入源などもお話しできたらと思います。

今までサイコパスを題材にしてお話ししている人間は前人未到だと思うので
楽しみにしていてください。

下は目次です。

地味な中山略して地味山だった時の収入額。

クレイジー中山になってからの収入。

地味山からクレイジー中山に変貌したあるきっかけ。

僕を地味山の時から知ってた人。

普通の人とクレイジー中山の違い。

2014年7月
僕は専門学校を中退した。

僕は専門学校に将来性を見出していなかったので
ネットビジネスで稼ぐ道を選んだ。

そんな中でアフィリエイトに出会った。

だが家族に大きく否定され詐欺だからさめろといわれた。
犯罪じゃないのに。

そんななかある一つの動画に出会う。
「Youtubeに機材すら使わない簡単なビデオを作るだけで月額36万円の不労所得を稼げるのか?
はい、可能です!」

20代の威勢のいい男の声がこだます。

もちろん最初見たときは絶対詐欺と思ったし、無料でひやかしで見に言ったら・・・

実際に買ってしまった。

パチンコやギャンブル、MCM等の類のものがとても毛皮らしく不快に思っていた自分が
そのコミュニティに40万を払って参加したのだ。

なんとその塾で

10848035_686886021432703_2833410738068370275_n

30万円以上稼いでしまった。
自力で動画を量産した結果だった。
その後はアドセンス報酬も振り込まれた。

働かなくても一気に自由を手に入れることができた。
だがその喜びもつかの間。

家族に動画や活動しているメルマガがバレてしまった。
そして兄からはボロクソに人としての尊厳がなくなるくらいに悪口、陰口、散々に叩かれた。
肩や腰、いろんな部分を殴られたり、蹴られた。
両腕の骨をへし折られて、首も跡をつけられるまで絞められた。

そして数時間後、動画やサイト、メルマガを全部消し去られた。
残ったのはPCだけ。

僕は泣いた、公園のベンチで枯れるほど号泣した。
「家族も親友も、信用できない」

そうやって暗闇に影をひそめた瞬間、突然頭にビビッと閃き、衝撃が走った。

「メディアは消えたが、実績は残ったまま、その体験や行動、マインドをシェアすれば、再起できる!」
そう考えていそいで公園の砂場に頭の中を書き綴った。

そこで見ていた子供や主婦が奇妙がっていたかもしれない。

僕は実名をだして失敗した。実兄にブログがバレてしまった。
こういう経験をした僕だからこそ、サラリーマンや主婦で夫に内緒にビジネスをする方法を
教えれらるだろう!

現に実名を明かすことなく僕は時給12万という大金を1時間で生み出すことに成功しています。

IMG_0080

名前を明かさなくてもビジネスはできます。
名前を明かさなくても仲間に信じてもらえるし、(現に僕の師匠のMr.Xは名前を出さずに億単位の売り上げをたたき出しています)
名前を明かさなくてもお金を終えることは可能です。

僕のメルマガではそこを重点的に説明していきますので
もしよろしければメール講座にご登録おねがいします。

もちろん購読料は無料でいつでもボタン一個で解除できます。