スカイプのインストールから使えるようになるまで

http://www.yuns.jp/skype.pdf

どうも、みんてぃあです。
今回はネット電話『Skype』を導入する方法、及び使い方の解説です。
■IP 電話ソフト「Skype」
「Skype」とは、ルクセンブルグにある「Skype Communications S.A.」という小さな会社が
開発した IP 電話のソフトです。
「Skype」専用ソフトをインストールして、通話用マイクを用意するだけで、「Skype」ユー
ザー同士で音声による通話が無料で行う事が出来ます。
通話マイクの代わりに、マイク内臓の Web カメラを設置すれば、「Skype」ユーザー同士でビ
デオ通話を無料で行う事も出来る他、有料にはなりますが、「Skype」ユーザー以外の固定電
話や携帯電話への通話も格安で利用することが出来ます。
以前は「Skype」ユーザー同士でのコミュニケーションが主な利用方法でしたが、最近はビジ
ネスマンが出先からの業務報告で使うケースや、オフィスから外出している社員への業務指
示などに「Skype」を用いるケースも増えています。
「Skype」のインストールはすぐ出来ますし、簡単に操作する事が出来ますので、是非とも
チャレンジしてみましょう。
このマニュアルでは、「Skype」のインストール方法及び操作方法、使用にあたってのマナー
について説明していきます。
では早速、「Skype」をインストールしてみましょう。
【Skype のインストール】
1.「Skype」のトップページにアクセスします。
⇒ http://www.skype.com/intl/ja/home/
2.以下の画面が表示されましたら、「ダウンロード」をクリックします。
3.すると、以下の画面が表示されます。
  「Skype for Windows」をクリックします。
4.以下の画面が表示されましたら、左側の「コンピュータ上で」の
中から自分のパソコンに合うものを選び、「今すぐダウンロー
ド」をクリックします。
5.アカウントの作成画面が表示されます。
  各項目を入力していきます。
プロフィール情報も忘れずに入力します。
  「Skype 名」は、電話でいえば電話番号にあたるものです。
ですので、すでに使われている場合は、別のスカイプ名にするか、
下に表示される「使用できる ID」の中から選んでください。
パスワードも忘れずに入力しましょう。
携帯電話の番号は、入力してもしなくてもかまいません。
ボックス内のテキストを入力してください。
最後に「同意-続行」をクリックします。
6.「セキュリティ保護のため、・・・」というメッセージが出たら、
その部分をクリックしてから、「ファイルのダウンロード」をクリックします。
7.以下の画面が表示されましたら、「実行」をクリックします。
8.セキュリティ警告の画面が表示されますので、「実行する」を
クリックします。
9.「同意してインストール」をクリックします。
10.「Google chrome」のインストール画面が表示されますが、ここ
では「Google chrome」はインストールしませんので、チェックを
外します。
チェックを外しましたら、「Skype のインストールを続行」を
クリックします。
インストール中です。
11.パスワードを入力して「サインイン」をクリックします。
12.以下の画面が表示されましたら、インストールは完了です。
インストールが完了しましたら、続いて「Skype」を使用するための設定を行っていきましょ
う。
【Skype の初期設定方法】
1.「ヘルプ」→「開始ウィザード」を開きます。
2.真ん中の「音声をチェック」をクリックします。
3.まずは「スピーカー」のテストをします。
ヘッドセットをパソコンに接続して、「スピーカーをテストする」をクリックします。
緑色の円の「ここをクリック」をクリックします。
音が聞こえたら「はい」をクリックします。
4.「次に、マイクのテストをします。
「マイクをテストする」をクリックします。
ヘッドセットのマイクに向かって、声をだしてみます。
  声に反応して、緑色のバーが動けば OK です。
「はい」をクリックしてください。
今回はカメラの設定はしませんので、「通話音声テスト」をクリックしてください。
左側の「Echo123」をクリックします。
「発信」をクリックしてください。
自動音声で
「こちらはスカイプ音声テストサービスです。ピープ音の後にメッセージを10秒間お話
ください。10秒後、あなたの声が再生されます。」
といったメッセージが流れます。
その指示通りに、ピープ音の後に何か話してみてください。
その後、自分の声が再生されますので、聞いて確認してください。
きちんと自分の声が再生されれば OK です。
うまくいかなかった場合は、「ヘルプを見る」をクリックしてヘルプを開き、うまくいかな
かった原因をつきとめて解決しましょう。
すべてうまくいった場合は、「このガイドを終了する」をクリックしてください。
【Skype のコンタクト登録方法】
ここでは、通話する相手のスカイプ名を登録します。
電話でいえば、電話機に電話番号を登録しておくことと同じです。
登録したい相手のスカイプ名を、前もってメールなどで確認しておきましょう。
1.「コンタクト」→「新しいコンタクト」をクリックします。
2.「Skype 名」を入力して、「検索」をクリックします。
3.「Skype 表示名」を見て、間違いがなければ「コンタクトを追加」を
クリックします。
4.コンタクトを登録すると、相手に登録したことが通知されます。
その時に表示されるメッセージをここで入力します。
入力ができたら、「送信」をクリックします。
5.以下の画面が表示されます。
これでコンタクトリストに追加されました。
他にも登録したい場合は「さらにコンタクトを追加」から同様に
登録してください。
登録しない場合は「閉じる」をクリックします。
スカイプの画面にも、追加されています。
【登録通知が届いたら・・・】
今度は逆に、相手が自分のスカイプ名を登録して、その通知が届いた時の手順を説明します。
1.スカイプ画面左下「新規通知」のところに「新規件数:1」と点滅で表示されています。
あなたのスカイプ名を、他の人が登録したということです。
点滅している「新規件数:1」をクリックします。
2.承諾する場合は「コンタクトに追加する」をクリックします。
追加されたコンタクトには、右端にオレンジ色の丸印がついて
います。
「会話」をクリックしてください。
相手からのメッセージを見ることができます。
赤枠で囲んだ部分をクリックしてください。
これで、お互いにコンタクトを登録することができました。
【Skype で通話する】
「Skype」のインストール及び設定が終わり、通話できる状態になり
ました。
では、「Skype」を使って実際に通話してみましょう。
1.「Skype」→「ログイン状態」→「オンライン」をクリックします。
2.相手にいきなり発信するのではなく、まずは、チャットでよびかけ
ましょう。
相手のスカイプ画面に、文字が送られます。
ここでお互いに OK となったら、会話するために「発信」をクリックします。
  これで、あとは相手が出れば通話開始です。
【Skype を使う時のマナーについて】
最後に、「Skype」を使う時のマナーについて説明します。
「Skype」使用にあたっては、通常の電話とは違い、「Skype」特有のマナーがあります。
相手があっての「Skype」通話ですので、お互いマナーを守って「Skype」通話を楽しみたい
ものですね。
一般的な「Skype」使用にあたってのマナーは、次の通りです。
◇事前にメールなどで、スカイプする日時を決めておく。
スカイプをするときは、あらかじめ相手とメールなどで、スカイプ
する日時を決めておくのが一般的です。
リアルのビジネスでも、自分のために相手に時間をとってもらう場合
は、まずアポイントをとります。
それと同じで、スカイプの場合も、いきなり通話するのではなく、
まずはお互いに都合のよい日時を決めましょう。
◇予約時間になったら、まずはチャットでよびかける。
 事前に決めておいた時間であっても、ちょうどその時間に相手がパソコンの前に必ずいる
とは限りません。
 なんらかの事情で、予約時間であってもまだ通話できる状態ではないかもしれないのです。
 ですので、まずは「チャット」で相手によびかけてみて、相手も準備
 ができているという事を確認してから、発信するようにしましょう。
◇スカイプで会話した後には、お礼のメールを送りましょう。
 自分からお願いして、スカイプで話をしてもらった場合、その場で
最後にお礼を言うだけでなく、メールなどでも再度お礼の気持ちを
相手に伝えるといいでしょう。
ネットであっても、リアルのビジネスと同じです。
相手の気持ちを考えて、気持ちよくコミュニケーションをとれるようにしたいものです。
以上が IP 電話ソフト「Skype」のインストール、操作方法、及びマナーについての説明でした。
「Skype」はその便利さから、今後更に普及してくる事でしょう。
同時にネットビジネスでも今後「Skype」の使用機会は間違いなく飛躍的に増えてきます。
「Skype に触った事が無い」という方は、この機会に「Skype」の使い方に慣れておくことを
お勧めします。
お疲れ様でした。